青汁画像

バイアスピリンを処方されている方に

野菜は体に良いとされるビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれていますので、積極的に食べて行きたい食品です。
でも、食生活の欧米化や忙しさからインスタントに頼りがちになったりと、野菜はどうしても不足しがちになってしまうものです。
そしてそういった野菜の栄養を手軽に摂取できる健康食品として青汁が注目されています。
一日一杯で手軽に必要な栄養素をしっかり摂っていくことができますし、そのまま飲むのはもちろん、お料理やお菓子作りにも役立てていくことができます。
とても便利な健康食品で、そして健康食品ですので、正しい使い方をしていけば、副作用の心配もなく安全に利用できるものです。
でも、すでに健康に不安のある方、治療中の方、何らかの薬を処方されている方は薬の効き目を弱めてしまう場合などもありますので、使用する前には医師に相談してみるのがおすすめです。
そして、青汁と一緒に飲むことを避けたいとされている薬で有名なものにワーファリンがあげられます。
血液をさらさらにしてくれることで知られている薬ですが、ビタミンKと一緒に飲むとその効果が弱まってしまうとされています。
それゆえにワーファリンを処方されている方は避けたほうが無難です。
そして血液を固まりにくくし、動脈効果を防ぐ薬としてはバイアスピリンも有名な存在です。
それゆえにバイアスピリンを飲んでいる場合は青汁の使用にも問題があるのではと考える方もまた多くなっています。
ワーファリンと似たイメージがあるので、そう考える方も多いのですが、バイアスピリンはビタミンKと関係がなく、特別な食事制限も必要とされていません。
それゆえ使用にも問題がないと言えますが、不安のある場合はやはり医師に相談しておくのがおすすめです。
そして薬の影響ではなくても腎機能に問題があるなど、健康状態によっては青汁を飲まないほうが良い場合もありますので、自分の現在の体の状態と薬のことは医師としっかり相談して正しい方法で利用したいものです。
体に良いとされる健康食品も正しい使い方をしてこそ、その効果を発揮することができますので、ただ体に良さそうだからとか、栄養が豊富だからとか、自分の判断だけで使用するのではなく、健康食品の特徴や使用上の注意もしっかり理解しておきたいですし、処方されている薬の性質や特徴、禁忌についても正しく理解しておくことが大切です。
そして少しでも不安に思うことがあれば、医師に質問したり、相談を行うようにしたいものです。

Copyright(c) 2011 野菜で健康.com All Rights Reserved.